ビタミンCが髪にもたらすアンチエイジング効果について

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. 今日から役立つ肌荒れ予防・エイジングケア基礎知識
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

今日から役立つ肌荒れ予防・エイジングケア基礎知識

エイジングケアとは?

CMなどでもよく耳にする「エイジングケア」ですが、具体的にどういうことをいうのかはよくわからない人もいるのではないかと思います。似たような言葉に「アンチエイジング」もありますから、違いについても余計にわかりにくく感じてしまいます。

ですが実はエイジングケアとアンチエイジングは言葉だけでなく、意味合いも非常によく似ています。両方の言葉に共通する「エイジング」とは「加齢」のことを指します。基本的には加齢によって衰えていく肌をお手入れするということなのです。

ただ、アンチエイジングは老化を防止するといった意味が強く、薬事法によって明確な効果を記載することが禁止されている化粧品にアンチエイジングという言葉を使うことはできません。そこで、似た意味のエイジングケアが使われているようです。

こうした事情からエイジングケアには老化防止の概念は含まれておらず、あくまで老化によって衰える肌のケアをする、という意味で使用されていますが、アンチエイジング同様に年齢肌にとっては強い味方となることは間違いありません。

いつから始める?エイジングサインの見極め

エイジングケアをいつから始めたらいいのか、という疑問に関しては明確に「何歳から」という答えを出すことができません。肌の状況が人によって違うことから、エイジングケアを始めるべき年齢もやはり違ってしまうのです。

そこで、エイジングケアを始めるべきタイミングを自分で見極めるためのセルフチェック項目を用意しました。ひとつでも当てはまったり、心当たりがあると感じるようなら、肌がエイジングケアを求めているのかもしれません。

目力が弱くなってきたと感じる
頬の毛穴が目立つようになった
昔より口角が下がっている
目元、口元、口の中などが乾燥しやすい
顎のたるみが気になる
笑った後にほうれい線が残るようになった
目元や口元に小じわが見えるようになった
老眼と診断された

エイジングケアを簡単に行う方法

上のチェック項目に心当たりがある場合、なるべく早めにエイジングケアを始めるべきです。エイジングケアと聞くと高い化粧水が必須のようなイメージで手が出せないと思ってしまう人もいると思いますが、実際には肌の老化を食い止めることが最優先で、化粧水などはその後のケアになります。

ただし、エイジングケアを効果的に行うためには肌荒れを改善・予防しておくことが大切になります。肌荒れを起こしている状態だと満足なエイジングケアができなかったり、エイジングサインも出やすくなってしまいます。肌の状態を健康に保つという基礎ができていてこそのエイジングケアなので、ビタミンCを摂取するなどして肌荒れ対策は常に行っていくことをおすすめします。

まず行うべきなのは紫外線対策です。シミやしわ、たるみの原因は多くが紫外線なので、UVカット製品を利用するなどして肌へのダメージを抑えるよう心がけることが大切になります。特に紫外線は夏だけと思っている人も多いですが、秋や冬も紫外線は降り注いでいるので注意が必要です。

また、肌の乾燥を防ぐことも基本です。ここで気をつけたいのは化粧水選びではなく、クレンジングや洗顔です。これらを疎かにしていると、どんなに高い化粧水や美容液を使っても、もとから乾燥肌やインナードライ肌になってしまっているがために期待したような効果が得られないこともあります。まずは肌をしっかりと潤す習慣をつけるようにしましょう。

さらに最近取り上げられるようになってきたのが「糖化」です。糖化で体内のタンパク質と糖が結びつき、蓄積すると身体の老化を進めてしまうことがわかっています。防止するためには抗糖化が重要となります。例を挙げると、糖を消費できるように有酸素運動をする、カモミールやドクダミなどの糖化抑制できるものを食べる、食事を野菜から食べ始めることで血糖値の上昇を防ぐ、などです。

こうした心がけがエイジングケアの第一歩となるので、できるところから少しずつ実践していきましょう。毎日の積み重ねが10年後の肌を若々しいものへと変えますよ。

ページのトップへ