ビタミンCが髪にもたらすアンチエイジング効果について

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. 薄毛の原因には肌荒れも?ビタミンCで髪もエイジングケア
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

薄毛の原因には肌荒れも?ビタミンCで髪もエイジングケア

薄毛はコラーゲンだけでは解決しない?

美容、健康、ダイエット、様々な方面にビタミンCが有効に働いてくれることを今まで当サイトでも取り上げてきました。

これだけ多方面に対して力を発揮する成分であるだけに「万能ビタミン」と称されることもあるビタミンCですが、なんと薄毛治療にも用いられていることはご存知だったでしょうか。薄毛だと年齢よりずっと老けて見られてしまうこともありますから、できるだけ避けたいものです。

毛細血管は肌と同じくコラーゲンからできているため、サプリなどでコラーゲンを摂取して毛細血管の働きを取り戻していけばいいのでは、とも思われるかもしれません。ですが、ここには思わぬ落とし穴があります。

実は薄毛はコラーゲンだけをサプリなどで摂取しているだけでは解消しないのです。そこで今回は薄毛とコラーゲン、ビタミンCの関係と対処法について詳しく説明していきます。

コラーゲンを摂取しても薄毛が治らないのはなぜ?

薄毛には様々な要素が絡んできますが、主な原因は頭皮トラブルです。頭皮も身体の一部ですから、当然毛細血管があります。普段は毛細血管から毛根へ血液や栄養が行き渡ることで髪を育てているのです。

これが何らかの理由で毛細血管が正常に機能しなくなり、血の巡りが悪くなれば髪の発育が滞ってしまいます。こうした状態を解消するには、毛細血管の働きを正常なものへと戻す必要があります。

ただ、ここで問題になるのがコラーゲンなのです。毛髪を育てるにはコラーゲンが十分に頭皮に行きわたっていることが必要不可欠となります。しかし、皮脂の過剰分泌などが頭皮トラブルの原因であればシャンプーを変えるなど外側からの対策ができますが、コラーゲンは加齢による減少が避けられない上に、サプリなどでコラーゲンを摂取しても頭皮にあるコラーゲンと同じ働きはしてくれません。

どういうことかというと、コラーゲンは口から摂取したとしても一度アミノ酸に分解されます。サプリでコラーゲンを摂取したとしても、頭皮にはコラーゲンそのままの形では届かないということです。そして、体内ではアミノ酸をもとにして頭皮に使われるコラーゲンが新たに作られるという仕組みになっています。

つまり、いくらコラーゲンを摂取しても頭皮で毛髪を作ってくれるコラーゲンは口から摂取したものではなく、体内で生成するものなので、毛の発育とは無関係なのです。

薄毛対策の鍵になるのはビタミンC!

そこで注目されているのが、体内でコラーゲンの生成を促すビタミンCです。

現在は頭皮に直接ビタミンCを塗ったり、注射をしたりするといった方法で薄毛治療にビタミンCを利用していることもあります。ビタミンCによってコラーゲンの生成をサポートし、毛髪の育成につなげているのです。

さらに、ビタミンCはコラーゲン生成のサポート以外に、過剰発生してしまった活性酸素を除去する抗酸化作用も持ち合わせています。他にもストレスを感じたときなどはすぐに消費されてしまう成分なので、できるだけビタミンCを消費しないような生活習慣を心がけていくことが大切です。

毛の発育には頭皮環境も大きな影響を及ぼすので、頭皮環境の悪化は酷くなると毛根にダメージを与え、薄毛や抜け毛を引き起こすことがあります。また、一方で髪から頭皮にダメージを与えることもあります。髪にはスタイリング剤やホコリなどが付着していますので、髪が肌に触れると刺激を与えてしまう場合があるのです。これが原因で肌荒れが起こり、髪が当たりやすい首筋やフェイスライン、鎖骨などが赤くなるようなことがあったら、髪型に注意してみましょう。

頭皮環境を良い状態に保つにはビタミンCの摂取が必要不可欠です。ただしストレスを感じたときなどはすぐに消費されてしまう成分なので、できるだけビタミンCを消費しないような生活習慣を心がけていくことが大切です。

ビタミンCはサプリやドリンク、化粧品などを使ってなるべく摂取していくようにしましょう。コラーゲンも身体に欠かせないものであることは間違いありませんが、薄毛を根本から改善していくにはビタミンCこそ積極的に摂っていくべきなのです。

頭皮環境を整えつつ、ビタミンCで肌荒れの改善と毛髪の育成両方をしていきましょう。

ページのトップへ

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。