若返りメイクのコツとポイントのまとめ

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. マイナス5歳肌!若返りメイクのコツとポイントのまとめ
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

マイナス5歳肌!若返りメイクのコツとポイントのまとめ

若返りメイクでエイジングケアのサポートを!

エイジングケアを始めたものの、なかなか目に見えて実感できるような変化がないと感じる人もいるかもしれません。ですが、同窓会や結婚式に出席することになって久しぶりに気合いを入れてメイクをしようとしたら肌の状態にショックを受けた、なんて人もいるのではないでしょうか。そんなときこそすぐに結果が欲しいと悩む女性は少なくないはずです。

そんな女性たちが手軽に若々しい肌を手に入れる方法が若返りメイクです。一時しのぎと思われる人もいるかもしれませんが、実際に若返った自分の姿を見るのはそれだけでも励みになりますし、気持ちが上向きになればストレスも減り、肌の状態も良くなっていきます。

あるアンケートでは「年齢相応に見られる」と回答したOLが3割程度に留まったことに対し、「実年齢よりも若く見られる」と回答したOLが6割以上いたというのですから、エイジングケアやメイクに気を遣う女性がどれだけ増えてきているかがわかります。長年にわたって傷ついてきた肌の状態を数日で改善することはできません。それでも、もう一度若々しい肌を手に入れることは不可能ではないのです。

もちろん、メイクだけでは根本的なエイジングケアにはなりません。あくまでメイクは臨時の場合や理想の自分の確認としてうまく活用し、エイジングケアを継続していきましょう。

即効性あり!肌を若く見せるメイクのコツ!

では、効果的に若返りをメイクで演出するにはどうしたらいいのでしょうか。若返りを意識したメイクをするのであれば、今までのメイクの仕方とは少し違った方法を取る必要があるかもしれません。また、「今日から役立つ肌荒れ予防・エイジングケア基礎知識」でも紹介したように、紫外線対策や保湿などはエイジングケアの面では非常に大切ですし、メイクをする上でも基本となるので、欠かさず行いましょう。

部位 ポイント
ベースメイク 厚塗りはかえって老けて見られてしまうことも多いため、ナチュラルな仕上げにこだわりましょう。ナチュラルと一言でいってしまうと難しく感じますが、肌を明るく見せる、潤いやツヤが出やすい化粧品を使うといったポイントを意識することで自然と若々しい雰囲気が出やすくなります。潤い感をプラスしてくれるリキッドファンデーションを使用したり、少し工夫してパールが入ったルースパウダーを使ってみるのも効果的です。
眉と頬 眉と頬は顔のパーツの中でも印象を決めやすいので、少し手を加えたり、メイクの仕方を変えるだけで与えるイメージが大きく変わります。細くて下がり気味の眉や低い位置のチークはそれだけでも少し老けた印象になってしまうので、メイクを変えるとぐっと若く見えます。眉はアイブロウペンシルを使ってやや太めで上げ気味に描き、アイブロウパウダーを重ねてふんわりとした感じに仕上げます。チークはやや高めの位置で軽めに入れると血色が良く見えます。
目もと・口もと 目もとと口もとはしわなどが出やすい部分ですが、メイクでうまく隠すことが可能です。目もとには明るいカラーのアイシャドウを使いましょう。ただ、主張が強すぎると若返り効果が薄れてしまうので、シンプルに単色で構いません。口もとはリキッドルージュを使って、こちらも明るめのカラーでツヤのあるリップにしてみましょう。唇が乾いていると老けてみられがちですし、明るい色だと若々しさを感じやすくなります。

実践してみればあまり難しいことではないので、やってみて合うメイクや化粧品を見つけることでさらに楽しくエイジングケアに取り組めるようになりますよ。

ページのトップへ