ハンドプレスやUVカット機能グッズでお金をかけずに出来る肌荒れ・肌年齢対策について調べ、まとめました!

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. ハンドプレスやUVカット機能グッズでお金をかけずに出来る肌荒れ・肌年齢対策
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

ハンドプレスやUVカット機能グッズでお金をかけずに出来る肌荒れ・肌年齢対策

乾燥による肌荒れ・年齢肌対策

乾燥による年齢肌対策

肌の保湿機能は女性の場合、30代からすでに衰え始めているといわれています。加齢、つまり老化によってセラミドなどの角質細胞間脂質が減少し、発汗や皮脂の分泌能力も低下します。皮脂腺から正常に皮脂が分泌されていないと角層の表面を覆う膜がなくなって外部からの刺激に弱くなってしまいます。これらの要素によって年齢を重ねるほど乾燥肌になりやすくなるのです。お肌の乾燥は敏感肌になる可能性もありますから、肌荒れを防ぐためには絶対に対処しておきたいものです。

年齢肌でよく悩みの種となる「シワ」「たるみ」なども乾燥が原因のひとつとして挙げられます。肌のバリア機能や保湿力が弱まり潤いが失われている肌の角質層は、細胞同士を繋ぎ止める役割を果たしているセラミドや保湿成分が不足しているため、水分が浸透しにくい状態になっているのも困りものです。

乾燥肌には保湿剤などによる「保湿ケア」が有効ですが、特別な保湿成分の含まれた保湿剤や高額の保湿化粧水などを用意する必要はなく、普段のスキンケアを少し工夫するだけで、その保湿効果を大きく高めることが出来ます。

代表的なものに「ハンドプレス」が挙げられます。これは、化粧水や美容液などを肌につけた後、顔全体を手のひらで押さえることです。こうすることで肌の奥まで成分を行き渡らせることが出来ます。肌の状態、特に乾燥が改善し、乾燥が原因の小じわにも効果があります。

紫外線による肌荒れ・年齢肌対策

紫外線による年齢肌対策

肌荒れや肌の老化は「酸化」と深いつながりがあります。紫外線によって起こる肌荒れも、紫外線によって発生した活性酸素によるお肌の酸化が原因です。また、表皮角化細胞が紫外線によってダメージを受けると、肌を守るために色素細胞にメラニンの生成を指示します。メラニン色素は通常であればターンオーバーと共に体外へ排出されますが、過剰に作られると排出が間に合わず、皮膚表面に残ってシミとなってしまいます。紫外線は肌荒れとシミ、どちらの面から見てもお肌の大敵なのです。

紫外線は晴れの日だけでなく曇りや雨の日にもありますし、屋外だけでなく屋内でも影響を受けてしまうため、常に気を抜かず対策を行うことが必要です。

日焼け止めのクリームやオイルを使用することはもちろんですが、日差しが特に強い日は日傘を差す、グローブやハット、ネックシェード、ストールなども日よけに使うことが出来ます。その際、ピンクやアイボリーなどの薄いカラーのものより、黒や濃いグリーンなどの方が効果が高まります。最近では、UVカット機能の付いた日傘やフェイスマスクなども多く、デパートやネットショップなどで購入することが出来ます。

睡眠不足やストレスによる肌荒れ・年齢肌対策

睡眠不足・ストレスによる年齢肌対策

現代人にとって切り離せないストレス、40代になると増加していくことが多いです。家庭の悩みや仕事で管理職に就くなど、どうしても負荷は増えていきます。しかし、ストレスが増えると体内に活性酸素が過剰に発生するため、肌細胞が酸化し、肌荒れに繋がります。また、強いストレスにより自律神経の働きやホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、メラニンが排出されず「シミ」や「くすみ」の原因となったり、「吹き出物」が出来るなどの肌トラブルが発生しやすくなります。

睡眠時間の不足も同様に、就寝中の代謝が滞り体内の活性酸素や老廃物が排出されにくくなり、肌の老化を加速させます。睡眠は自律神経やホルモンバランスを整えるために必要不可欠です。ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌が減少した場合、皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、ニキビや肌荒れを引き起こすのです。

肌荒れが以前よりもひどくなった、あるいは年齢肌が気になり始めたら、まずは生活習慣を一度見直してみましょう。問題点を改善するだけでも、肌のコンディションはグンとよくなることがあります。

また、睡眠不足やストレスが続いていると感じたらビタミンCを意識的に摂取しましょう。ビタミンCは睡眠不足やストレスから身体を守る働きを持つ・促す成分であり、同時に高い抗酸化作用を持ち、活性酸素を除去してくれます。年齢肌対策として大変有効な栄養素でもあるので、お肌の健康を保つにはうってつけといえるでしょう。是非、積極的に摂取して下さいね。

ページのトップへ