肌質とくすみの関係性とその対策について調べ、まとめました!

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. 肌質とくすみの関係性
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

肌質とくすみの関係性

くすみとは

くすみとは

一般的に「くすみ」とは、皮脂や細胞の脂分、落としそびれたファンデーションの油分などが酸化して黒ずんだ状態を指します。これは皮膚内部から起こってくるものではなく、肌表面で起こるものであると言えます。このため、唇の輪郭が黒っぽくなるなど、肌以外の部分に見られるような場合も多くあります。

くすみの原因の多くは「血行不良」です。血液の循環が悪くなると代謝も悪くなりますので、皮脂分泌が正常に行われずにくすみとなります。この他にも、元々体質的に脂分が多いことが原因のくすみや、間違ったスキンケアが原因となって起こるくすみもあります。くすみを慢性化させないためには、日頃から正しいスキンケアを心がけ続けて行くことが大切です。

肌質別くすみケア

肌質別くすみケア

くすみ対策として、先ずはご自分の肌の状態を知り、それに合ったスキンケアを行っていくことが重要になります。

いわゆる「脂性」「オイリー肌」と言われるタイプの人は、やはり脂分が多いためにくすみが起こります。ケアの方法としては、朝メイク前に脂浮きが気になるときは弱アルカリ性の洗顔料を使用し丁寧に洗顔をすることです。ただし、こすり洗いをしたりフェイスブラシを使用するのは肌刺激が皮脂の分泌を促し逆効果となってしまうためやめましょう。

「乾燥肌」と言われるタイプの人は、肌に残った保湿剤や油分、古くなった角質などがくすみの原因となるケースが多くなります。ケアの方法としては、クレンジング剤は必ず低刺激のものを選び、保湿力の高いコールドクリームタイプのもので、界面活性剤の含まれていないものを使うように心がけることです。クレンジング剤は冷えていると肌とのなじみが悪くなり摩擦刺激が起こりますので、使用する前には手の平で軽く温めるようにします。ノーメイクや石鹸で洗い落せる程度のメイクにし、クレンジング剤を使わないで済む日を作ることも大切です。

オイリー肌と乾燥肌の混ざったいわゆる「混合肌」と言われるタイプの人は、部分的なお手入れが必要になります。ケアの方法としては、脂分の多いTゾーンへのクレンジングは丁寧に、乾燥する目元やUゾーンは撫でるように洗いすすぎは短時間で済ませることです。

この他にも、疲れや冷えが原因となってくすみが起こります。血行を良くするためにシャワーだけでなくお風呂に浸かったり、適度な運動もくすみには効果的です。

くすみに良い成分

くすみに良い成分

皮脂や細胞の脂分、肌に残った油分などが「酸化」して起こってしまうくすみ症状ですが、優れた抗酸化作用を持つ「ビタミンC」を積極的に摂取することでその酸化を抑え、予防することが出来ます。

また「ビタミンC」はターンオーバーを正常化し、代謝を促す働きもあるため、予防だけに限らず、くすんでしまったお肌を明るく透明感のある健康な肌へ導く効果も期待出来ます。

ただし、ビタミンCは食べ物から体内に取り込まれても必要量を超えた分は水分と一緒に体外に排出されてしまうという特徴を持っています。ピンポイントで肌に届けたい場合には、ビタミンC化粧水・美容液などで直接塗布する方法が最も効果的であると言えます。

ページのトップへ