シワ・たるみの原因とその対策について調べ、まとめました!

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. シワ・たるみの原因とその対策
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

シワ・たるみの原因とその対策

シワの原因と解消法

シワの原因と解消法

シワの原因は大きく三つに分類することが出来ます。第一に「加齢によるシワ」、そして「乾燥によるシワ」、最後に「表情によるシワ」です。

「加齢によるシワ」の原因は、年齢と共に「コラーゲン」が減少し、肌のハリや弾力が弱まってしまうこと。化粧水は肌にハリを持たせてくれる「コラーゲン」や「ビタミンC」含有のものを選び、成分を浸透やすいよう下から上へリンパの流れに沿って老廃物を出す感じでのせるようにしてみましょう。

次に「乾燥によるシワ」ですが、こちらは水分が不足しがちな目の下などに出来やすい小ジワになります。保湿ケアの際に少し意識して、目元クリームやスポッツなどを使用するといいでしょう。

最後に「表情によるシワ」ですが、これは笑ったり怒ったり顔の表情を変えると出来るホウレイ線や、目尻のシワ、眉間のシワなどを指しますが、表情筋という顔の筋肉が萎縮して出来るシワだと言われています。これには顔のマッサージなどが効果的です。お風呂上りなど血流の良い状態で、クリームなどを用い、顔の内側から外側に向けて円を描くように優しくマッサージすると良いでしょう。

たるみの原因と解消法

たるみの原因と解消法

様々ある肌トラブルのうち、最も老けて見えると言われる年齢肌のお悩みがこの「たるみ」です。特に頬や口元、目元のたるみは何歳も老けて見えてしまいますよね。

顔の筋肉を鍛えることによりたるみを改善することが出来るという説もありますが、「たるみ」に関してはその最大の原因はやはり年齢と共にコラーゲンが減少してしまったために肌が重力に逆らえず下へ下へと落ちてしまったというところにあります。コラーゲンを補うことが出来るスキンケアアイテムや、コラーゲン生成に必要な「ビタミンC」を含む化粧水・美容液などを積極的に取り入れるよう心がけましょう。特に「ビタミンC」には肌の老化を加速させる「活性酸素」の働きを抑える「抗酸化作用」が備わっていますので非常に有益です。

また、年齢と共に顔の脂肪が減少することも原因のひとつになります。脂肪が減り、頬の皮がたるむと結果的に皮膚が下に引っ張られるので、目も窪み、ますます老け顔になってしまうのです。

コラーゲンと肌

コラーゲンは、私たちの身体の中で、新陳代謝の促進を手助けしています。毛細血管から送り込まれてくる酸素や栄養素などを細胞ひとつひとつに送り届け、同時に、不要となった老廃物や二酸化炭素が血液の流れに乗って排出されるように促しています。これは私たちの表皮角化細胞が肌を守るために生成するメラニンの排出を促すことに繋がりますから、シミやくすみの予防になります。

コラーゲンと肌

また、コラーゲンは皮膚の表面ではなく、その内側の真皮に網の目状の繊維が折り重なって存在しています。この網の目の中には肌を潤すための保湿成分が詰まっており、ハリや弾力、みずみずしさなどを保っていますが、コラーゲンの代謝が悪く・コラーゲンが減少するなどでその働きが弱まると、保湿効果が落ち、ハリのない乾燥した肌を作ってしまいます。これが「シワ」や「たるみ」の原因となるのです。

また、コラーゲンは女性に多い骨粗鬆症の予防にも効果的です。と言うのも、人間の骨は網の目状になったコラーゲンの線維にカルシウムが付着して出来ているため、コラーゲンを積極的に摂取することでより強い骨を作ることが出来るのです。

また、コラーゲンと共に摂取することが望ましい栄養素として「ビタミンC」が挙げられます。これは体内でコラーゲンが合成されるときにビタミンCが必要になるためでもあり、またビタミンCそのものにも色素の沈着を防いで、シミやくすみを予防する働きや、代謝を円滑にする働きもあるためです。

ページのトップへ