乾燥肌やアトピー肌にビタミンCが良い理由

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. ビタミンCは乾燥肌やアトピー肌にも効果的!
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

ビタミンCは乾燥肌やアトピー肌にも効果的!

ビタミンCの保水・保湿効果は乾燥肌にも効く

当サイトでも肌荒れ対策やアンチエイジングに役立つとして積極的に取り上げているビタミンCですが、なぜビタミンCが美容全般のみならず、乾燥肌などにもおすすめなのか詳しくご存知でしょうか。

ビタミンCにコラーゲン生成の力があることは「「ビタミンC」は肌荒れにもアンチエイジングにも強い味方」でも説明しました。コラーゲンが生成されれば肌の保湿力や弾力が向上するので、シワやたるみも改善されていきます。それでは、コラーゲンと肌の保水・保湿にはどのような関係があるのでしょう。

乾燥肌は角質内で潤いがうまく保てなくなってしまうと引き起こされるものです。角質内の潤いを保持するには、保湿に必要な成分の生成や肌の炎症を抑える機能が正常に働いていなければなりません。

肌の保湿のためにはまず、水分を保つ役割を持つコラーゲンを十分に生成できていなければならないのです。ここで注意が必要なのは、コラーゲンは年齢を重ねるごとに量が減るうえに、摂取したとしても身体に吸収されにくいという性質を持っていることです。

そこで活用したいのが、コラーゲンの吸収を助けてくれるビタミンCなのです。ビタミンCを摂取するとコラーゲンを生成してくれるので上で挙げたような角質内の水分不足の解消につながりますし、皮脂の過剰分泌を抑制するなど、様々な症状に対して幅広く効果的に働き、改善へと導いてくれます。しかもビタミンCにはコラーゲン生成だけでなく、吸収のサポートをする力まで備わっているのです。まさしく肌の保水・保湿をするには最適な成分といえるでしょう。

今まで乾燥肌に悩んでいてコラーゲンはサプリなどで摂っていたのになかなか好転しないという方は、ビタミンCも一緒に摂ってみることがおすすめです。

試す価値アリ!アトピーにもビタミンC

これだけ万能な力を持つビタミンC、実はアトピーなどのアレルギーにも効果があることが知られています。アトピーでは乾燥が大敵となりますから、上で書いたような保湿効果は非常に頼りになります。それだけでなく、ビタミンCがアトピー改善に効果的なのは以下の3つの効果が理由です。

抗ヒスタミン効果
コラーゲン生成効果
ストレス軽減効果

どれも文字の通りではありますが、アレルギーを引き起こす原因となるヒスタミンの抑制、コラーゲン生成による乾燥肌の改善、ストレスを感じたとき消費されるビタミンCの補充という3つの要素が効果的に働くことでアトピーの症状悪化を防ぎ、改善につながっていくのです。

一部にはビタミンCの摂取によってアトピーが悪化したという事例もありますが、こういった症例は点滴などを用いた過剰摂取が原因であるといわれています。

しかし、そもそもビタミンCは水溶性で身体が不要と判断した場合は体外に排出される性質を持っています。すなわち、レモンやキウイ、添加物の中に入っているビタミンCを口から食べて摂取したとしても、過剰摂取でアトピーが悪化するようなことはまず起こらないと考えて良いでしょう。

ページのトップへ