ビタミンCがもたらすダイエット効果について

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. ビタミンCで痩せる?驚きのダイエット効果
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

ビタミンCで痩せる?驚きのダイエット効果

ダイエットにビタミンC!下半身痩せの強い味方

美肌になりたくて肌の健康に気を遣う女性なら、同じくらい自分のスタイルにも気を揉んでいるものです。

特に浮腫みに悩んでいる人の中には、セルライトの解消も大きな課題になっている場合も多いです。しかし、そういったセルライトに悩む女性には、どんなにダイエットをしても下半身だけ痩せない、という経験をしている方もいるのではないでしょうか。

実はセルライトは下半身太りの原因になっていることがあります。頑張ってダイエットをしているのにどうしても思うようなスタイルに痩せられない、という場合、セルライトを解消することが美脚のきっかけとなることもあるのです。

ここで重要なのが、体内のコラーゲンが十分に足りているかどうかです。コラーゲンは保水や保湿のみに特化した成分ではありません。肌だけでなく体内の機能を正常に働かせるために欠かせない役割を持っているので、コラーゲンが不足すると身体に様々な不調をきたしてしまうことになります。

そのひとつがセルライトの形成です。セルライトは老廃物などが体内に溜まることで脂肪細胞が肥大化し、リンパ管や毛細血管が圧迫されることで起こるものです。コラーゲンが不足していると毛細血管が切れやすくなるため、セルライトができる原因になってしまうのです。

ということは、コラーゲンの生成を促せばセルライトを解消し、下半身痩せを実現できます。そこで摂り入れていきたいのが、コラーゲンの生成と吸収をどちらもサポートしてくれるビタミンCなのです。

ダイエットにはどのくらいビタミンCを摂取すればいい?

ビタミンCは非常に多岐にわたって身体に良い効果をもたらしてくれる成分なので、厚生労働省も積極的な摂取を呼びかけています。ただし「ビタミンCは乾燥肌やアトピー肌にも効果的!」でも書いたように点滴などを用いた過剰摂取は危険なので、あくまで食事などでの摂取をおすすめします。

とはいえ、厚生労働省が推奨している一日のビタミンC摂取量は1,000mgという膨大な量です。しかもビタミンCが水溶性で、かつストレスを感じたときなどにどんどん消費されていってしまうことを考えれば、一日に1,000mg~2,000mgは摂取しておきたいところです。

しかし、ビタミンCと聞いて真っ先に思い浮かべそうなキウイやレモンでさえ一個に含まれるビタミンCはキウイが59mg、レモンが18mg程度。これを2,000mgとなれば、キウイなら34個、レモンなら111個もの量が必要となるのです。これはどう考えても一日で食べられる量ではありません。

そこで、日常的なビタミンCの摂取にはサプリメントやドリンクも活用していきましょう。ビタミンCを十分に摂取できればコラーゲン生成の助けになりますし、それがダイエットや美脚にもつながっていきますよ。

ページのトップへ