ビタミンC誘導体とビタミンCの違いについて調べ、まとめました!

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. ビタミンC誘導体とビタミンCの違い
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

ビタミンCを誘導体化するワケ

ビタミンCを誘導体化するワケ

ビタミンCには様々なアンチエイジング効果・美肌効果や抗酸化作用・ストレス抑制作用などがあり、健康面でも美容面でも非常に優れた成分とされています。特に気になる箇所には直接働きかけることでその効果をより発揮出来ることから、化粧水や美容液といったスキンケア用品に配合されることも多くあります。

しかしその一方で、成分自体が脆い、壊れやすく不安定、酸化しやすいという欠点がありました。この欠点を補う目的で、ビタミンCを人工的に改良し安定化させた成分を「ビタミンC誘導体」と言います。

ビタミンCを誘導体化させることでその作用にはどのような変化が起こるのでしょうか?例えば本来空気に触れると酸化しやすく水に溶かすと活性を失いやすいビタミンCは、そのまま塗っても皮膚への浸透がほとんど見込めませんでしたが、肌への浸透をよくした状態で作られたビタミンC誘導体は、肌の奥に浸透することが出来、またその後酵素の働きでビタミンCへと変化する特殊な成分になっていますので、ビタミンC本来の様々な嬉しい効果がより発揮されるということになります。

ビタミンC誘導体の美容効果

ビタミンC誘導体の美容効果

ビタミンC誘導体は、このため、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、コラーゲンの生成を促す作用、メラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用など、ピュアビタミンCと同等の美容効果が得られます。

これは、ビタミンC誘導体が、肌に浸透した後、ピュアなビタミンCの成分に戻るように作られているためです。ピュアビタミンCの分子構造の一部を人工的なものに置き換えることにより、壊れにくく肌の中に入っていけるように変質し、浸透するとその部分が徐々に外れ「ピュアビタミンC」になる、という仕組みになります。このため、ピュアビタミンCがその効果を発揮するまでに時間がかかるというデメリットも挙げられます。

ピュアビタミンCを肌深部に浸透させるには?

ピュアビタミンCを肌深部に浸透させるには?

一方「ピュアビタミンC」は、ビタミンCそのものなので直ぐに効果を実感することが出来ます。現在では「ビタミンC誘導体」よりも即効性のある「ピュアビタミンC」の効果を最大限に発揮することの出来る技術力、安定した状態で肌にしっかりと浸透することが出来る「ピュアビタミンC」コスメの開発が成功し始めています。ピュアビタミンCコスメはビタミンC本来の持つ高い抗酸化力・美容効果により、あらゆる肌悩みに改善をもたらします。

ビタブリッドCフェイスの美容パウダーは、ビタミンCの「ナノ化」や「イオン導入美顔器」を使わずに、私たちの肌が本来持っている「皮膚呼吸」の力を利用して肌の不要なものと交換する形式で、「ピュアビタミンC」を肌の奥深くまで浸透させることが出来ます。これは米国化学会誌で世界有望八大技術にも選定された世界的に特許を取得している最新技術です。

ページのトップへ