美肌成分ビタミンCをお肌の気になる箇所に届けるビタミンCイオン導入について調べ、まとめました!

年を取るほど若返る!年齢肌にビタミンC化粧水を選ぼう
  1. 美肌成分ビタミンCをお肌の気になる箇所に届けるビタミンCイオン導入
総合評価第一位

[ビタブリッドC フェイス]

普段お使いの化粧水やクリーム等に混ぜ合わせ肌に塗るタイプの美容パウダー。

世界的に特許を取得している革新的技術で、エステやサロンではなくホームケアでビタミンCのイオン導入が出来るのはビタブリッドだけ。

総合評価第二位

[オバジ ビタミンC20セラム]

独自技術でレモン約150個分のビタミンCを配合した美容液。ビタミンCだけでなくビタミンEも配合で、肌の内側から透明感を引き出します。

独自処方「ハイパーブライトニングC処方」で肌表面から角層へ奥深くアプローチします。

総合評価第三位

[ドクターシーラボ APPSエッセンス]

100回以上も改良が重ねられ完成した、ビタミンC特有の乾燥しやすさを解消したしっとりとしたオイルのような使用感の美容液です。

APPSは、従来の水溶性ビタミンC誘導体に比べ約100倍の浸透力と持続性を持っています。

美肌成分ビタミンCをお肌の気になる箇所に届けるビタミンCイオン導入

ビタミンCイオン導入とは?

ビタミンCイオン導入とは?

健康な肌というのは、細胞間脂質がぴったりと並んで配列されており、水分を逃がさない、そして細菌やウイルスなど有害なものを体に侵入させない構造になっています。このため、皮膚に何かを塗ったところでその成分を奥の層まですべて届けるというのは、基本的には不可能です。

イオン導入とは、皮膚に弱い電流、つまりイオンを流すことで、一時的に肌のバリア機能を弱らせ、その間に肌質改善に有効な成分を肌の奥まで効果的に浸透させる美容治療法のひとつです。これにより、プラセンタやビタミンCといった美肌成分が肌深層で最大限に効果を発揮出来、肌質が大きく改善される、美肌効果、アンチエイジング効果が期待出来ます。

ビタミンCイオン導入の注意点

ビタミンCイオン導入の注意点

さて、「皮膚に電流を流す」と聞いて副作用の心配をされる方もいらっしゃるかと思います。

イオン導入が美容皮膚科・美容外科の美容治療として採用され始めた当初は、イオン導入器が「連続直流型」というものだったため、まれに皮膚が火傷を起こすケースもあったそうです。しかし、今日広く使われている「交換型」の機器は、プラスとマイナスの電流を交互に流すことで肌への刺激を最小限に抑えた進歩した技術が取り入れられ、肌の炎症などの副作用は見られなくなりました。

ただし、「一時的に肌のバリア機能を弱らせる」ことに変わりはないので、毎日のように施しては逆効果となります。目安として、多くても週に一回、二回程度が望ましいとされています。

また、妊娠中、妊娠している可能性、もしくは授乳中の女性や、皮膚に炎症が見られる方、ペースメーカーや金属類・機械類が体内にある方も施術出来ませんので注意が必要です。

クリニックでの美容治療とホームケア

クリニックでの美容治療とホームケア

ビタミンCイオン導入は、基本的に美容皮膚科・美容外科などで一回平均5,000円~10,000円くらいで受けることが出来ます。施術自体は自体は10分~20分程度のとても簡単なものです。ただし、一回で終わるものではなく、週に一回二ヶ月程通うのが一般的ですので、ワンクール先払いで安くなるクリニックや、他の治療と併用すると割引されるメニューが用意されているクリニックなど、ご自分に合ったプランを吟味する必要があります。特にビタミンCイオン導入はケミカルピーリングの後にすると更に高い効果が得られるので、セット料金になっていることも多く、美容皮膚科・美容外科でケアをするメリットになります。

もっと気軽にイオン導入の効果を体感したい方には、ビタブリッドCフェイスの美容パウダーでのホームケアをお勧めします。ビタブリッドCフェイスは、「イオン導入美顔器」を使わずに、私たちの肌が本来持っている「皮膚呼吸」の力を利用して、肌の不要なものと交換する形式で、肌の奥深くまでビタミンC浸透させることが出来る「イオン交換方式」で世界的に特許を取得しているスキンケアアイテムです。

ページのトップへ